Reeltime Pro Logo

次世代のプレイバックパワー

stage image
Reeltime Proは撮影現場での映像再生という、多面的な課題に晒される作業に特化した最先端のソフトウェアです。あらゆるタスクを強力にこなし、ディレクターとチームに力を与え、狙い通りの映像表現を映し出しましょう!
画面をスクロール

Reeltime Proとは?

Reeltime Pro は、映画撮影現場でのビデオプレイバックに特化した次世代のプロフェッショナルソフトウェアです。シンプルさと機能性の両立を追求した緻密な設計により、再生オペレーターは撮影現場のすべてメンバーに即座にビデオフィードバックを提供するという多面的な課題に取り組むことができます。Pomfort独自の革新的なスロットコンセプトは、典型的な利用シーンに瞬時に対応できるだけでなく、多様な設定項目や映像系統のルーティングを自在に構成することができます。強力なApple Siliconの性能を余すこと無く活用。小規模撮影から大規模なマルチカメラ撮影までのあらゆる撮影現場での頼もしい主力オンセットプレイバックツールです。

  • すべての映像信号を手に取るように。Reeltime Proは透明性の高い柔軟かつ強力なルーティングエンジンと合成エンジンを備え、操作性を追求したウィンドウレイアウトで日々の撮影業務を成功に導きます。
  • 収録漏れを防止。1台のカメラからのライブ信号の自動録画はもちろん、複数の入力系統を同期したグループ録画にも対応。同期された音声信号も一緒に収録できます。
  • 撮影監督とクルーのパワーを最大に。多系統のライブフィードおよび再生フィード、多彩な画面構成、ビデオフィルターを駆使して出力ビューを瞬時にカスタマイズ。撮影現場で幅広い役割をこなします。
  • 求められた収録内容を数秒のうちに提供。Reeltime Proが備える網羅的なクリップ ライブラリで目的の映像を瞬時にアクセス。専用の再生コントロールで要求されたアクションを効率良く実行できます。
  • 作業タスクに常に先手を打つ、同期グループ収録。TCで同期したグループ収録と同期再生も簡単に行えます。収録中にはメタデータの追加や、複数のイン・アウト点を追加できます。
  • 常に安定した信号を出力し、映像再生を待つイライラを解消。Reeltime Proは映画撮影のモニタリングで頼れる相棒としてふさわしい、最新のAppleシリコンによる堅牢かつ高速なビデオプレイバックシステムです。

効率を追求

Reeltime Pro は直感的で考え抜かれた操作系を備え、複数のタスク間を簡単にナビゲーションできます。 反復的なタスクや一般的に常用される作業シーンの作業効率を追求しました。

最高峰のパフォーマンス

Reeltime Proで最新のテクノロジーに基づいたワークフローを構築できます。 最新のAppleシリコンを核にしており、安定性と堅牢性を両立し、将来の機器構成にも柔軟に対応できる設計です。

革新的なスロットコンセプト

透明性と柔軟性を最前面に

Reeltime Proユーザーインターフェイスは、透明性と柔軟性を最優先したPomfort独自のスロットコンセプトを軸としています。マルチカメラ環境での撮影で定評の高いオンセットグレーディングアプリケーション「Livegrade」も採用するコンセプトを、ビデオプレイバック特有のニーズに合わせて最適化したものです。 ライブ信号と再生信号を適切に管理して各種出力先にルーティングしながら、アクションのシームレスなトレーサビリティを確保しています。Reeltime Proはさまざまなスロットタイプとモードを備え、単一または複数のライブ信号と再生信号を表示したり、各種レイアウトでの表示による信号の比較や、フィルターやコンポジットを適用して特定の目的や視聴者に合わせてビューをカスタマイズできます。撮影現場で求められるコンテンツに簡単にアクセスできることで、作品のクリエイティブワークに専念できる環境をもたらします。

Pomfort Slots Concept
Pomfort Group Record Playback

グループ収録とプレイバック

1つのパッケージにすべてを集約

すべては撮影現場でのスピードと正確さのために。 Reeltime Proは、各種スマートクリップコントロールと自動化機能を備え、時間という最も貴重な資源を節約します。SDI信号にエンベデッドされた録画フラグをトリガーとした自動録画オプションで収録漏れを防止。マルチカメラ収録では複数のカメラを同期連動したグループ録画を簡単に構成できます。収録しながらイン・アウトを打点し、特定のセクションをマークして、関連する部分のみを再生できます。1回のテイク中に複数のアクションが発生するようなシークエンスの収録でも、後から複数の範囲を追加することができます。

次の収録でカメラが録画しない場合など、スロットの収録待機のオンオフをすばやく切替られます。新しいクリップは自動的にロードされ、タイムコード同期されたグループ録画を即座に再生できます。 一般的なJKLキー操作で再生し、範囲再生オプションを使用してマークされた範囲内と範囲外のみを簡単に再生できます。また、ループ再生と簡単に組み合わせることができます。

多彩なUIレイアウト

タスクに専念できる操作画面

Reeltime Proは多彩なウィンドウレイアウトを備え、個別の日常業務を効率化する操作画面としています。すべてのカメラ信号を小さなMacBook Pronoで同時に監視する必要はありません。 録画中や再生中にマルチビューウィンドウレイアウトオプションを活用してショットライブラリを参照したり、ルーティングやフィルターを設定したりする場合はメインビューレイアウトに切り替えることができます。

ライブラリスロットのマルチビューレイアウトではライブラリ内のクリップの比較に便利です。出力スロットのマルチビューレイアウトに切替えれば、すべての出力信号が確認でき、ビデオビレッジの各担当者が見ている画面を一目で確認できます。

マルチビューレイアウトで現在のタスクに効率的に集中しながらも、重要なツールバーのグローバルコントロールと収録用のメタデータフィールドは常時利用でき、いつでもカメラ収録の再開に臨むことができます。

Pomfort Slots Concept
Pomfort Shot Library

すべてを網羅するクリップライブラリ

収録済み映像をすばやく呼び出す

世界中の映画製作を支えてきたPomfortのクリップライブラリは、膨大な量の収録データも体系的に整理することができます。 収録データの山を整理して構造化することで体系的に一元管理し、カスタマイズされた一覧表形式のレイアウトでの表示や、目的の撮影素材を検索して迅速に探し出すことができます。ライブラリからテキスト、クリップの評点、フラグなどの項目をつかった検索も可能です。また、詳細ビューで単独または複数のクリップのショットメタデータを追跡および編集します。 スレート情報などのグローバルメタデータは、ワンステップで簡単に編集し、複数のクリップに一括適用することもできます。 メタデータによるカスタマイズ可能なアウトラインを使用して自動でクリップを整理する、革新的な「スマートグループ」も便利に活用できます。検索で特定できたら目的の収録済みクリップやコレクションビュー内のクリップ群を専用のスキミング機能で要望されたアクションを見つけ、現場での視聴に提供できます。

Pomfort Device Integrations

デバイスおよびコントローラ機器との連携

使い慣れたツールで連携操作

Reeltime Proは既存のワークフローとシームレスに統合し、スムーズな移行でけでなくさらなる作業の最適化が可能。Stream Deckで完全な制御操作もできます。 使い慣れたAJAまたはBlackmagic製ビデオI/OデバイスとSDIビデオルーターにも対応します。インタラクティブなルーターコントロールパネルは、煩わしい信号管理を透明性と柔軟性を高めながら単純化します。複数のビデオルーティング構成をStream Deckの操作や特定のイベントをトリガーとした自動化にも対応。 たとえば、個別のルーティング設定を自動的にトリガーすることで、再生モードからライブモードに切り替える際のディレクターの遅延を最小限に抑えます。

Reeltime Proのベータ版をダウンロードして評価試用してください。
ベータ版を無償試用する